マカダミアを搾る

ピーナッツをシリンダーの中に入れます


マカダミアをシリンダーの中に入れます。
 
SHiBORO2では 27g 入りました。
 
SHiBORO-miniでは 16g 入りました。

マカダミア油が流れ出ます


油が流れでてきました。
 
SHiBORO2では27gのマカダミアから 12g の油が搾れました。
 
SHiBORO-miniでは16gのマカダミアから 3g の油が搾れました。


 

マカダミア油の様子


油の様子です。
 
良く搾れました。柔らかいので搾るのも楽ですね。
 
マカダミアのように柔らかいものは、ゆっくり搾るのがポイントです。


 

マカダミア油の様子 2


小ビンに入れるとこんな色合い。


 

しぼりかす


マカダミアのしぼりかす はこんな具合です。
 
ピーナッツ同様にまだまだ搾れそうな実があります。
シリンダーに目一杯マカダミアを入れず、少し少なめに入れると良いと思います。


 

SHiBORO2での油を回収するときのポイント


 
マカダミアのように柔らかいものを搾るときには、油を回収する際にシリンダーがピストンの上昇にあわせて、一緒にもちあがってしまうことがあります。
 
しっかりとシリンダーを持ち、シリンダーを少し左右に揺らすなどしてシリンダーをずらしてみましょう。油が飛び散らないように注意してください。

同じ種子であっても、種子の品質、温度、搾油時間など搾油条件によって搾れる油の量は変化します。もっとたくさん油は搾れるかもしれませんし、もっと少なくなるかもしれません。ご了承くださいませ。

HOME | マカダミア